大きな顔を小さく|ボトックス注射で小顔に矯正する場合

婦人

小顔になる方法

相談

骨が原因の場合

顔が大きな理由というのは、人によって様々です。頬骨が発達している、頬骨についた筋肉が大きくなってしまった、脂肪、しわやたるみなどなど、それぞれ原因が違います。そのため、小顔矯正を行なう場合はその原因を特定してから施術を行なうことになります。例えば、骨が原因の場合です。この場合、骨を削って顔を小さくすることになります。骨が原因の場合、前述したように頬骨が発達していることがほとんどなので、この頬骨を機能に問題がないように削り、出っ張りを解消します。なお、この手術は口腔内カラ切開を行い、削っていくことになるので顔の表面には傷が残りませんし、口腔内も再生が早く、傷跡は目立たないことがほとんどです。削った骨は再生しないため効果は永続しますので、小顔矯正を行なう時は信頼できる医師におまかせしましょう。

筋肉が原因の場合

筋肉が原因の場合は、ボトックス注射で小顔矯正を行ないます。そうすることで筋肉を弛緩させ、縮小させることができます。筋肉が原因の場合、骨も発達していることが多いため、切開による施術とボトックス注射を行なうことで顔はだいぶ小顔になります。もちろん、切開を行ないたくない場合はボトックス注射だけでも効果は期待できます。しかし、切開とは違い、ボトックス注射は効果が1年程度で切れてしまいます。そんな時はもう一度ボトックス注射を行なえば効果は継続します。なお、ボトックス注射の特性として、何度も回数を重ねるごとに効果が長くなるというものがあります。最初は1年程度だったものが次第に1年以上効果が持続するということもあります。

脂肪が原因の場合

脂肪が原因の場合は、運動やダイエットによって脂肪の量を減らすというのが一番健康的であり、確実に小顔矯正ができます。時間は長くかかりますが、顔の脂肪以外にもお腹の脂肪なども除去できるので、最も体に良い方法です。しかし、代謝が低く、痩せにくい人だったり、膝や足が悪くて運動ができないという人もいます。そんな場合は脂肪溶解注射を行ないます。これはリンパ液の流れをスムーズにし、余分な脂肪を溶かす効果のある注射です。脂肪溶解注射は運動に匹敵するほど時間がかかるケースもありますが、健康面に関しては特に問題なくリバウンドも起きにくいというメリットがあります。特に、女性特有の問題点であるセルライトの除去もできるのも脂肪溶解注射の強みです。