大きな顔を小さく|ボトックス注射で小顔に矯正する場合

婦人

脂肪溶解注射を使う

鏡を見る人

脂肪溶解注射

大顔の原因が脂肪の場合、ダイエットをして顔痩せを行なうのが一番なのですが、人によって顔の脂肪が落ちにくいという人は多いです。特に女性は男性と比べて脂肪がつきやすい他、冷え性などになった場合代謝が悪くなり、脂肪の燃焼効率が悪いため、痩せたくても痩せられないケースというものは多いです。そんな時は脂肪溶解注射で小顔矯正を行ないましょう。脂肪溶解注射はメソセラピーとも呼ばれており、主にセルライト除去などに用いられますが、頬の余分な脂肪を除去することもできるので小顔矯正にも用いられます。具体的な作用ですが、脂肪の溶解効果に加え、リンパ管の循環効率の強化があります。リンパ管は、老廃物の体外除去作用があり、溶解した脂肪や老廃物を循環して体外に排出させることでセルライトを作っていた脂肪と老廃物を除去することができるのです。脂肪溶解注射の特徴としては、余分な脂肪を溶解して処分するためリバウンドの可能性が低いということと、運動と比べてお手軽に脂肪を減らすことができるということです。なお、一回の脂肪溶解注射では効果が薄いため、何度も通うことになります。しかし、それでも脂肪吸引に比べれば全体にかかる費用は少ないです。

評判の注射

そんな脂肪溶解注射の中でも、特に人気が高いのがBNLSと呼ばれる脂肪溶解注射です。これは、ヒバマタ(海藻の一種)、オキナグサ、くるみ、チロシン、自然由来の成分を主成分とした脂肪溶解注射であり、多くの大手クリニックが愛用している注射です。使用効果は従来の脂肪溶解効果に加え、肌再生やダウンタイムの改善も含まれており、より体に優しい作用となっています。そのため、脂肪溶解注射をしながらお仕事などにも普通に出席できますし、小顔矯正を行なった後のダウンタイムによる顔のほてりや傷みも極力抑えることができます。

気になる費用

そんなBNLSの費用なのですが、従来の脂肪溶解注射と殆ど変わりません。しかし、クリニックによっては値段が大きく変動するため高いところもあれば安いところもあります。例えば、一回9,000円するところもあれば、12,000円ほどかかるところもあります。このお値段の変動は、注射よりもむしろ小顔矯正の施術の際に含まれているサービスなどに関係していることが多く、注射よりもサービス内容に注目したほうが良いかもしれません。