大きな顔を小さく|ボトックス注射で小顔に矯正する場合

婦人

ボトックス注射の特性

ウーマン

筋肉が原因の場合

顎のエラは、骨あるいは筋肉が発達しているのが原因です。どちらが原因かわからない時は、奥歯をぐっと噛み締めてみましょう。その時、耳の下あたりに膨らみができた場合、筋肉が発達している可能性が極めて高いです。それ以外の場合は骨なので、小顔矯正を行う場合は骨を削ることになります。筋肉が原因の場合は削ることができないのでボトックス注射を行なうしかありません。しかし、ボトックス注射による小顔矯正はメリットが非常に多いです。

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射によるメリットで一番大きいのは、費用が安いということです。切開する治療に比べ、圧倒的に安く、効果も1年前後持ちます。さらに、ボトックス注射を何度もうつことでその効果はどんどんと長続きするようになり、おまけに筋肉も収縮していくのでエラのサイズはだいぶ小さくなります。また、作業時間の短さも注目できます。骨の削る手術が数時間かかるのに対し、ボトックス注射は気になる箇所に注射をするだけなので5分前後で終わります。顔に注射をするということで最初は怖く感じるかもしれませんが、慣れれば多少チクっとする程度で恐怖心が薄れている人がほとんどです。もちろん、石灰による手術にもメリットは多く、一回施術を行えば後は永遠に効果が続くため、病院に通い続ける必要はありません。

隠れたメリット

ボトックス注射による隠れたメリットは、小顔矯正以外にも様々なことに活用できるというところです。例えば、歯ぎしりや顎関節症といった顎の症状の緩和です。ボトックス注射は筋肉を弛緩させ、収縮させる作用があるため、噛み合わせの際の緊張が減り正しいかみ合わせで物を噛むことができるようになります。その結果、顎関節症の緩和になります。他にも、歯ぎしり改善の効果も期待できるため、あごの症状で悩んでいる場合、小顔矯正以上のメリットを得られるかもしれません。