大きな顔を小さく|ボトックス注射で小顔に矯正する場合

小顔矯正で小さい顔に

素人判断は危険

大きな顔の原因の中でも特に多いエラ張りですが、これは個人の判断で原因を特定するよりもクリニックに行き、相談して診断したほうが確実です。しかし、個人でできるセルフチェックもあるので小顔矯正の前に試してみましょう。

良いクリニックを探すには

小顔矯正を行なう場合、やすさよりも評判の良いクリニックで行なうのが基本です。クリニックのランキングサイトを活用して評判のところで施術を受ければ失敗のリスクは大幅にヘります。

小顔に憧れている人に

ナース

ボトックスとは何か

小顔矯正の施術を行なう場合、切開して余分な骨を削るか、もしくはボトックス注射によってプチ小顔矯正を行なうことになり、殆どの人がボトックス注射を用いて行ないます。ボトックス注射を行なうと、顔の筋肉と皮膚が収縮し結果、小顔になるのです。そんなボトックスですが、そもそも「ボトックス」とは何かをご存知でしょうか。実は、これはボツリヌス菌です。正確に言えば、ボツリヌス菌の成分である毒素や塩化ナトリウムなどを用います。毒素という名前でも使い方によっては非常に有効な薬となります。これらはみんな筋肉を弛緩させ、収縮させる作用があります。そのため、張っているエラに注射をすることで筋肉を縮めさせることができるのです。なお、ボトックス注射はきちんと人体に無害になるように希釈し、薄めているので人体に害はありません。

ボトックス注射のメリット

プチ整形で小顔矯正にするメリットはメスを使用せずに小顔にすることができるので、ダウンタイムが殆ど無いに等しいということです。多少痛むこともたまにありますが、基本的には注射をして翌日には学校や職場など似通うことがで切るため、プチ整形をしたと気づかれることなく通うことができます。そして、その治療にかかる時間もほぼ30分程度で終わることがほとんどであり、開いている時間を使って気軽に行なえるというのもポイントの一つです。なお、ボトックス注射の効果は永遠に続くというわけではなく、一年未満で効果が切れてしまいます、しかし、これも一種のメリットとなります。効果が切れるということは、自分が気に入らない結果になったとしても次第に効果が切れるのでまた理想の顔にやり直しが効くため、切開による小顔矯正比べ遥かに便利な方法です。